1人と1匹と私

1人(息子5歳) 1匹(チワワ6歳) 私(キャラ濃い目の母親) の日常をおもしろおかしくつづっています★

タグ:息子

息子はイルカが大好きでイルカの人形を大切にしています


そんなある日の会話です


IMG_3086
IMG_3089


www

たまに、私の事が大好きらしいw

息子のテンション的に私を喜ばそうと
言ってくれてたっぽいので
たまにの使い方を間違えてるだけだと
信じていますwww



IMG_2911
IMG_2914
IMG_2917

私は全部平仮名だったので
文字が読めるかなと思って聞いてみたのですが
私の聞き方も曖昧だったためか
まさかのポーカーの役を言われてしまい爆笑w

最近、じーじにポーカーを教わってた影響ですねw
それにしてもポーカーは数字なのに
それを文字に当てはめて
「たた」と「きき」で2ペアとはw

子供の発想ってすごいですよね(๑´ㅂ`๑)笑

ちなみに車のナンバーなどを見て
2ペアだのストレートだのポーカーの役を言って
楽しんでますw

私はポーカーは何となくしかわからないので
息子の方が詳しいです🤣w

おはこんにちばんは★

私は偏頭痛もちでよく頭が痛くなります

この日もまた、偏頭痛で少し手抜きしました。


IMG_0290

IMG_0291

わかるよぉぉぉ!
ミートボールおいしいよね!
でもママチンしただけやねん・・・w

この後
卵焼きは?
と聞くと一応美味しいと答えてくれましたw




おはこんにちばんは★

この間購入した服をきてたので
息子にカッコイイポーズしてと
頼んでみましたw


これが男前のポーズらしいですw


IMG_0295



IMG_0297


確かになんか格闘技っぽくて
カッコイイ・・・かな?(๑´ㅂ`๑)笑笑

この上の服を購入したのですが
ベビードールは生地がしっかりしていて
よれにくいのにリーズナブルなので愛用してます🎶

ただ少し小さめかな?と思うのでワンサイズ大きめがおすすめです★


購入した服はコチラ

↓↓↓






青は写真通りかなり鮮やかな青で
とても綺麗です😆

今日は真面目なお話です。


今となっては息子も少し大きくなりココとも普通に生活できていますが、生まれたばかりの頃はやはりワンコと赤ちゃんとの生活というのは想像以上に大変でした。



【大変だった点】


・息子を見てる間、ココが気になり、ココを見てる間息子がきになり常に気になってる状態

・どんなに気をつけても毛が息子につく

・親が過剰にアレルギーや喘息等を気にする

・病院の先生にココがいるというと度々、嫌な顔をされた

・少し大きくなってから舐められた際に赤くなった

・ココの毛が息子の目に入り赤くなった

・ココに分離不安の症状がでた




【上記以外に考えられる大変そうな点】


・子供がアレルギーや喘息を起こす

・ワンコの吠える声で子供が起きる

・ワンコのお世話と子供のお世話で過労

・子供がワンコを叩いたりする

・ワンコが子供を噛む

・お互いヤキモチをやく



【良かった点】


・子育てに疲れた時ココが癒してくれる

・息子がココを見て喜ぶ

・ココも息子に友好的に見えた

・ココと息子のダブルに癒される


【対策】


・とにかくコロコロを念入りにする

・ココと戯れる時は服を着替える

・息子も私もココと遊んだ後は徹底して手を洗う

・舐められたところはすぐに洗ったりウェットティッシュでふく

・周りの言うことは軽く受け流すことも必要

最大限周りの助けを借りる!!!



数年前の話なので忘れてることもあるかもしれませんがざっくりこんな感じでした。


里帰り出産をしてたので大人の数が多くとても助かりました。

ココのお世話も息子のお世話も私が手が回らない時は誰かがしてくれるので本当に助かりました。

私一人だと多分無理だったと思います。


しかしながら1番大変だったのが

ココの毛対策です。

どんなにコロコロしても掃除しても毛が息子の服やら顔やら体やらについてることが度々ありました。

なので、ココと遊んだりする時は服を着替えてました😭それでも、毛は息子についてましたけどね😅


幸い息子は酷いアレルギーはなく、顔を舐められたり(手足は大丈夫)目に入ったりしなければ特に症状は出ませんでしたがそれでも気は使いました。


そして里帰り中はココの毛が息子についてると親からネチネチ言われるというw

色々と助けてもらってたので文句はいいませんでしたが内心イラッと?モヤッと?ムカッと?していましたw


そしてベビーベッドを用意していましたが息子は寝る時横に一緒に寝ていないとすぐに起きてしまう子だったためベビーベッドの意味がありませんでした。

私としては息子がベビーベッドで寝てる間ココが自由に遊べるようにと思っていたのにそれができなかったので部屋を分けていたということもあります😅


また、息子のようにすぐに起きてしまう子供ちゃんの場合、ワンコの立てる音や鳴き声でも起きてしまうと思います。

幸いココは元からあまり吠える事が少なく、性格的にも大人しいのでその点はほとんど心配いりませんでした。


しかしながら、ココにはストレスに感じることもあったようで少し分離不安の症状がでてしまいました。

元々私にベッタリだったので接する時間が減ったせいか、もしくは得体の知れない息子という存在に対してストレスだったのか、生活スタイルもかわったし、考えられる要因はいくつかありますが、自分の前足を執拗に舐め、怪我のようになっていました。


ココの分離不安に気づいてからはその時以上にできるだけココとの時間も増やし、散歩も長めに行ったり、また私以外の家族からもできるだけ遊んでもらえるようにと工夫をし、なんとか酷くなる前には治りましたがやはり可哀想だったなと思っています。


結論


そんなこんなで私的には、赤ちゃんを授かる予定がある場合、赤ちゃんを産んで落ち着いてからワンコを迎える方がいいかなと考えています。


私の場合はココが先に来てその後に息子が生まれました。

子供がなかなか出来ず諦めかけていたのでココを迎えました。


今から思えば、その時結構なストレスがありココが来てくれたおかげでワンコ大好きな私にとって癒し効果がすごく、ストレスがかなり解消され、その結果息子を授かったと本気で考えています。


それはそれでめでたい話なのですが実際にワンコと赤ちゃんのいる生活というのは想像以上に大変です。


ある研究では小さい頃に動物と同じ環境で暮らしているとアレルギーを起こしにくくなったり免疫が上がるとも言われてるようですが、ネットに書いてあっただけで本当かどうかもわからないし、不安もあったため部屋を分けたりココの毛にも注意し、かなり気を使っいました。


また息子は幸い犬アレルギーや喘息がありませんでしたがもし生まれてきた赤ちゃんが重度のアレルギーや喘息だったら・・・?

今から考えると怖いなと思います。

先にココを迎えた自分の軽率な行動に反省です。(でもあの時迎えてなかったらココに会えてなかったしなーとか妊娠できてたかなー等色々とかんがえますけどね😅)


まぁ・・・ココと息子のダブルに癒されたりもしますけどね(∩´`∩)💕



そして少し大きくなった息子とココの今の生活にはそれはそれで別の注意点があるんですけどねwww

それはまたの機会に😄



A7BEE2C4-383C-46B1-8792-E58ED093FC2C





↑このページのトップヘ